風邪を引き起こすライノウイルスのワクチンが開発された

風邪ウイルスは、数え切れない種類が存在する
そのためワクチンを作るのは難しいとされてきた
●風邪を引き起こすライノウイルスのワクチンが開発された
 
エモリー医科大学のマーティン・モーア准教授は、
大人の風邪の1/3の原因と言われる
ライノウイルスのワクチンを開発した
 
100以上のライノウイルスをマウスやサルに投与したところ、
体の中で全ての種類のライノウイルスに対する抗体を作った
 
さらに作られた抗体をマウスとサルの
血液から取り出し、追加実験を行った
その結果 それらの抗体は 人間の細胞に感染するのを防いだという

(70)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク