Category Archives: 伝統/慣習

●「ぼたもち」と「おはぎ」は全く同じお菓子
和菓子屋は、同じお菓子を、春は、ぼたもち
秋は、おはぎと名を変えて販売されている
お彼岸は、春と秋の年2回
春のお彼岸は、春分の日 前後3日間、計7日間
秋のお彼岸は、秋分の日 前後3日間、計7日間
春のお彼岸には、ぼたもちをお供えし、
秋のお彼岸には、おはぎをお供えする
●春と秋で名を変えた
「ぼたもち」と「おはぎ」の起源は、
江戸時代にまでさかのぼる
仏教では小豆の赤色は、邪気を払う魔除けの色として
縁起の良いモノと考えられてきた
丸めたもち米に小豆のあんこで包んだお菓子を
墓や仏壇にお供えするようになった
春のお彼岸の時期には、牡丹が咲くので
牡丹に見立てて牡丹餅、ぼたもちと呼ばれるように
秋のお彼岸の時期には、萩の花が咲くので
萩の花に見立てて おはぎと呼ばれるようになった

(6)

スポンサード リンク
昔は目上の人の前で正座の習慣はなく、あぐらで座るのが一般的だった
●目上の人の前は、正座が正しい座り方と決めたのは、徳川家光
1635年、徳川家光は、参勤交代と天下普請を発令
全国の諸大名に謀反を起こす財力を蓄えさせないための政策を行った
その心配は、身近な家臣まで疑うようになる
 
家光は、家臣にあぐらではなく危座をするように命令する
危座とは、当時の罪人たちの座り方で、現在の正座と同じ
長時間 座らせて苦痛を与え、罪を白状させるための座り方だった
家光は、幼い頃、春日局に叱られたときに危座をさせられ、
足がしびれて上手く立ち上がれなかったことを思い出す
 
家光は、家臣の足をしびれさせて自分を襲えないようにするため、
危座を正しい座り方にした
表向きは、正座の方が、あぐらよりも背筋が伸びて
美しく見えるという理由で正しい座り方を正座と決めた
 
家光の前で危座をするのが当たり前になると
次第に武士たちは目上の人にも危座をするようになった
 
危座が、正座と改められたのは、明治時代
危座は印象が悪いということで、
正しい座り方、正座と呼ぶようになった
その後、正座は学校教育にも取り入れられ、
目上の人の前では正座をするのが一般的となった

(69)

●祝日と祭日の違い
祝日とは、土日以外の休みの日
祭日という休みは、戦前にあったが、現在、祭日という休みはない
祭日を廃止したのは、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)
 
●祭日とは、皇室の大切な祭事が行われる日
祭日は明治時代に定められた休みの日
元始祭(1月3日)、孝明天皇祭(1月30日)、春季皇霊祭(3月21日頃)、神武天皇祭(4月3日)、秋季皇霊祭(9月23日頃)、神嘗祭(10月17日)、新嘗祭(11月23日)
GHQは、当時の日本国民の極端な天皇崇拝思想が戦争を悪化させたと判断し、
その思想を取り除くために皇室の祭事に関心を呼び起こす祭日を廃止した
休みの日が減ってしまうので新たに国民からアンケートを取り、祝日を設けた
それが、元旦(1月1日)、成人の日(1月15日)、春分の日(3月21日頃)、天皇誕生日(4月29日)、憲法記念日(5月3日)、こどもの日(5月5日)、秋分の日(9月23日頃)、文化の日(11月3日)、勤労感謝の日(11月23日)

(13)

ウエディングケーキは、本来 豪華に見せるために
積み重ねているわけではない
 
●ウエディングケーキの3段目は、1年後に夫婦で食べるためのケーキだった
 
ウエディングケーキは、19世紀にイギリスで誕生した
その頃から3段重ねで作られており、その3段にはそれぞれ意味がある
 
1段目は、当日に新郎と新婦と参列者が食べて、
喜びを分かち合うためのケーキ
 
2段目は、結婚式の欠席者に配るためのケーキ
 
3段目は、結婚1周年記念として新郎新婦が食べて、
改めて夫婦の絆を確認するためのケーキ

(17)

江戸川大学:斗鬼正一教授によると
●たこ揚げは、元々タコではなくイカだった
凧揚げは、5~6世紀ごろ、中国で誕生した
当時は、遊びではなく遠くの味方に合図を送るため戦に使われていた
敵に悟られないように鳥に似せて鳶の形をしていた
紙に鳶と書いて紙鳶と呼ばれていた
最初は戦に使われていたが、次第に中国の貴族の遊びとして定着
平安時代に日本に伝わり、日本の貴族の間でも流行
江戸時代に入ると庶民にも紙鳶が広がり、一大ブームとなる
四角形に長い足がついている姿が、イカに似ていることから
紙鳶は、いかのぼりと呼ばれるように
 
ブームとなると、いかのぼりが原因で喧嘩が頻発
さらに 落ちたいかのぼりに当たり、けが人や死者が出た
さらには大名行列に落ちて大事件になったりと当時の社会問題になった
1646年、幕府はついに いかのぼり禁止令を出した
それでも庶民のいかのぼり熱は冷めず、
いかのぼりの呼び方を、たこのぼりに変えて禁止令を無視して続けた
1656年、幕府は たこのぼり禁止令を出すが、一部の庶民は禁止令を無視
以来、いかのぼりは、たこのぼりで定着
たこのぼりを揚げることから、たこ揚げという呼び方に変わった

(31)

日本の小学生はランドセルを背負って登校するが、義務ではない
 
幕末、幕府が洋式軍隊制度を導入する際、
将兵の携行物を収納するための装備品として、
オランダからもたらされた背嚢が原型
その背嚢をオランダ語でランセルと言い、
それが訛って「ランドセル」になった
 
現在使っている革製のランドセルを日本で最初に作ったのが、
初代内閣総理大臣:伊藤博文
後の大正天皇が学習院初等科に入学されるときに
入学祝いの品として献上、
それがきっかけで世間に徐々に浸透して現在のような慣習が生まれた

(37)

花見は、奈良時代の貴族から始まった
当時の花見は、桜ではなく梅
奈良時代、中国に遣唐使が派遣された頃、
中国の貴族は、梅の花見をしていたおり、
梅の花見の文化は、そのまま日本に伝わった
山に生えていた梅の木を屋敷の庭に植えて花見をするようになった
 
平安時代 811年、貴族の間で梅の花見が大流行していた
桜の花見を最初に始めたのは、嵯峨天皇
当時、天皇は住んでいる京都御所から出ることは滅多になかったため、
嵯峨天皇は久しぶりの外出をとても楽しみにしていた
御所車に乗っていた嵯峨天皇の目に、
京都にある地主神社に咲いていた満開の桜が飛び込んできた
桜の美しさに感動した嵯峨天皇は、梅ではなく桜で花見をすることに
翌年の812年、地主神社の桜の枝を京都御所に持ってこさせ、
日本で初めて桜で花見をした
その後、嵯峨天皇の息子 仁明天皇によって
京都御所の梅の木を桜の木に植え替え、桜の花見の文化が定着していった

(22)

●「のし」の誕生
奈良時代、人々は天皇に農作物や特産品を献上していた
海の近くに住んだいた人々は、あわびを献上品に
しかし生あわびは腐りやすいので、干物にすることに
干物にするには時間がかかってしまう
より早く乾かすためにあわびを細長く切り、
熱した鉄で薄く延ばすようになった
当時、伸ばすことを「熨す(のす)」と
言っていたので、熨しあわびと呼んでいた
熨しあわびは天皇に献上するほど貴重な物ということから、
いつしか相手への敬意を表す意味を持ち、
贈り物に添えて相手に渡すようになった
 
江戸時代には、より相手への敬意を表すために
干しあわびにきれいに紙で装飾するようになり、
だんだん豪華な装飾を施したモノに進化した
 
昭和になり戦後の物不足の影響と本物のあわびが高価だということから
次第に贈り物には印刷した熨しあわびをつけるようになった
 
●お葬式のお供え物や香典返しに「のし」をつけないワケ
贈り物に「のし」をつけるのは、
めでたい時と思いがちだが、本来は相手を敬うため
なので誕生日、結婚、出産、還暦、
謝罪などの贈り物をする際は、「のし」をつける
だが、お葬式のお供え物や香典返しには「のし」をつけてはいけない
お葬式では、仏教の教えで動物を殺生したモノを食べたり出してはいけない
「のし」は元々あわびを殺生して作られていたため
お葬式のお供え物や香典返しにそぐわない

(8)

お年玉を入れるのに使われる「ポチ袋」
 
●お年玉を入れるポチ袋の「ポチ」は、「これっぽち」に由来する
 
少ないですが…という謙虚な気持ちを込めて
渡したためと言われている
 
元々は花街の舞妓や芸妓が、
心づけを渡すために袋として使われた始めた

(5)

日本の雪だるまは、2段だが、
海外の雪だるまは、オラフを代表するように3段
 
●日本の雪だるまのモデルは、だるま
江戸時代の雪だるまは、だるまそっくりで
人の背丈くらいあり、縁起物として作られていた
その後、作りやすさから現在の2段重ねの雪だるまになった
 
●海外の雪だるまのモデルは、人間
スノーマンと呼ばれており、人間がモデルとなっている
人間を表しているから頭、胴体、下半身の3段で構成されている
雪像として作られたので人に近い形となっている

(259)

スポンサード リンク