Category Archives: 行動心理/人体科学

アメリカの心理学者が心理実験で検証し
●握手をすると人は正直になる
 
電話ボックスに効果を置いておき、
その硬貨をとった人に「硬貨とりました?」と質問する
 
すると握手なしで質問すると、嘘をついた人は約50%
握手して質問すると、嘘をつか人は約24%だった
 
握手すると正直になって
人を信頼するようになることが分かった

(1)

スポンサード リンク
脳の機能がピークを迎える年齢は、
能力ごとにバラバラであることが分かった
マサチューセッツ工科大学 認知科学研究者:ジョシュア・ハーツホーンが発表
10歳から90歳までの数千人を対象に名前を記憶する能力などについて調査
すると脳は、全ての年齢で常に何らかの能力がピークを迎えることが判明した
 
・名前を記憶する能力のピークは、22歳
 
・顔認知能力のピークは、32歳
 
・集中力はピークは、43歳
記憶力は20代に劣るが、長時間の集中力は40代の方が勝る
 
・感情認知能力のピークは、48歳
感情認知能力とは、人の感情を読み取る力
 
・語彙力のピークは、67歳

(9)

●底が狭く飲み口が広いグラスは、目の錯覚で酒量が無意識に増えてしまう
 
イギリスのブリストル大学の実験で実証されている
底が狭く飲み口が広いグラスでお酒を飲んでいると、
飲んでいるのに目の錯覚で
あまり飲んでいないと勘違いしてしまい、
お酒を飲むペースが狂ってしまう
底が狭く飲み口が広いグラスは、目分量で感じた半分の時、
実はもう6~7割飲んでしまっている状態
 
まだたくさん残っていると勘違いして、
無意識に序盤からグビグビ飲んでしまい、
飲むペースも量も2倍になってしまう

(11)

女性は地図が読めない、と言われる
男女の脳の違いで女性は地図が読めないと思われているが、
●女性が地図を読めないのは、社会の男女格差の影響
 
世界各国の男女を対象に、地図を読む実験を行った
すると男女差ではなく国や文化の差の方が大きかった
女性の社会進出が進んでいる国の女性は、地図が読めたが、
女性の社会進出が制限されている国の女性は、地図が読めなかった
 
日本は男女格差指数が、世界でギニアに次いで114位
日本人女性が地図が読めないのは、
女性の社会進出が進んでいないためではないかと考えられる
 
6000人以上の脳を調べたイギリスの研究結果によると、
男女で脳の違いは、ほとんどないことが分かっている

(20)

●頼み事は、相手の右耳へ話しかけると成功率がアップする
 
イタリアの学者が行った実験
調査員がクラブで「タバコを一本ください」と客に頼んだところ、
左側から頼むより右側から頼んだ方が、成功率が2倍だった
 
人は右耳で聞いたことは左脳に、
左耳で聞いたことは右脳に伝わると言われている
右耳から左脳に伝わった情報は受け入れやすく、
左耳から右脳に伝わった情報は一旦拒否的に伝わる

(19)

●カバンが軽い人ほど、恋愛上手
 
電車通勤している20~50代の女性 約600人に調査
 
彼氏がいる or 既婚者と彼氏がいない女性を比較
彼氏がいる or 既婚者のカバンの重さは、平均1783g
彼氏がいない女性のカバンの重さは、平均3051gだった
 
また、
車内で気になる男性を見つけたことがある女性のカバンの重さは、平均2031g
車内で気になる男性を見つけたことがない女性のカバンの重さは、平均2330gだった
カバンが軽い方が、恋愛のアンテナを上手に張れていることになる

(23)

●卒業アルバムの表情で離婚の確率が5倍も違う
 
デポー大学心理学 マシュー・ハーテンステイン准教授の研究
 
20~80歳の男女 約650人の卒業アルバムを集め、
口角の上がり具合と結婚生活の関係を調査
 
すると満面の笑みの人よりも、
微笑んでいなかった人の方が、
離婚率が5倍も高かったことが分かった

(15)

プレゼントを渡すとき、黒い色の箱を選べば印象がアップする
●プレゼントは黒い箱だと高級感が増す
明るければ明るいほど軽く感じ、暗ければ暗いほど重く感じる
 
日立製作所の調査によると
黒い箱は、白い箱の約1.9倍の重さに見えるという
 
オックスフォード大学の研究
同じチョコレートが入った箱を2つ用意して、
1つの箱に50gのおもりを入れたところ、
重い方が味が濃く感じることが分かった

(9)

●人間の舌の重さは、ペットポトル約1本分
 
舌の重さは、約350~500g
本来、舌は上あごについているもの
 
しかし舌の筋力が低下すると
歯に当たるくらいまで下がってきてしまう
 
その結果、舌の重さで口が開く
舌に筋力の低下は、顔のたるみに影響する
下がった舌を上あごにつけるだけ、
あごのラインがすっきりする

(200)

心理カウンセラー:五百田達成によると
●さ行から始まる名前は、清潔感があるイメージを与える
「さしすせそ」を丁寧に言うと、
「すぁ」「すぃ」「すぅ」「すぇ」「すぉ」のように
必ず「す」の発音から始まる
「スー」は風が通り抜ける音として認識しているので、
清潔感の印象を持ちやすい
「清潔感」「爽快」「爽やか」「清楚」「清々しい」と全てさ行
 
●濁点がつく名前は、強そうなイメージを与える
濁点は舌や唇を強く弾いて発音しなければいけないので強そうなイメージを与える
小さい頃から「ガンッ」「ゴツンッ」「バッ」の音が刷り込まれているから
男性が買う缶コーヒーの名前は「ボス」「ジョージア」「ワンダ」「ダイドーブレンド」と濁点のイメージを利用している
 
●ら行から始まる名前は、キレイで高根の花のイメージを与える
ら行は、外来語が多く、海外のイメージが強い
海外=かっこいい、華やか、高根の花、キレイ
 
●あ行から始まる名前は、安心感、親しみやすいイメージを与える
あ行は、母音なので、発音される機会が多く親しみ、安心感を与える

(271)

スポンサード リンク