Category Archives: 行動心理/人体科学

アメリカ メソジスト大学の研究によると
●イライラしたときの深呼吸は逆効果
 
イライラすると呼吸が小刻みになり呼吸の回数が増える
イライラしたときは、二酸化炭素を出しすぎの状態
二酸化炭素で出しすぎているのに、
さらに深呼吸で出すと体に必要な二酸化炭素が足りなくなる
呼吸が浅く早くなり息苦しくなる過呼吸のような状態になってしまう
 
●イライラしたときは深呼吸ではなく息を止めるべき
イライラしたときは、少し呼吸を止める、
もしくは穏やかな深呼吸を心掛けるべき

(62)

スポンサード リンク
●寝る前に歯磨きをすると眠れなくなる
 
眠くなる時に出るメロトニンという睡眠ホルモンは、
起きて日に当たってから14時間程度で活発に出てくる
 
歯磨きのような強い刺激を与えると出なくなってしまう
 
せっかく眠かったのに、
歯磨きをして刺激を与えたことで眠気が飛んでしまう
 
歯磨きは、寝る1時間前がベスト

(22)

中野信子によると
●女性よりも男性の方が、見栄を張る
 
男性ホルモン テストステロンは、競争心を高め、
周囲に比べて1番になりたいという心情を生み出す
 
女性ホルモン エストロゲンは、協調性を大切にする心情を強くするので
みんなと一緒であることに安心する
同窓会で女性がいい服を選ぼうとするのは、見栄を張るのではなく
みんなと同じレベルのものを身に着けたいと思うから
 
男性は、時計や車などステータスを示すものを欲し、
女性は、みんなが持っているものなど流行りものを持ちたがる

(8)

中野信子によると
●喧嘩をしたとき男性よりも女性の方が感情的になりやすいワケ
 
女性は喧嘩で嫌な気持ちを抱いたとき、脳の前帯状皮質が働く
この前帯状皮質が働くと、痛みを感じるのと似た感覚を覚え、
痛みを癒すために涙を流すと言われている
女性は男性に比べ、前帯状皮質の機能が高いので
心の痛みや不条理を感じやすく、感情的になりやすい
 
男性は喧嘩をすると、テストステロンが分泌される
テストステロンが分泌されると、誰かといるより1人でいることを好ませる
 
女性は男性に対し、できるだけ感情を抑える努力をし、
男性は女性に対し、話をなるべく聞いてあげる努力をすると良い

(13)

中野信子によると
●男性よりも女性の方が、勘がするどいワケ
理由は、男性よりも女性の方が不安になりやすいから
 
女性の方が不安になりやすいのは、
安心させるホルモン:セロトニンの量が少ないため
女性はセロトニンを男性の約2/3しか作れない
そのため比較的 男性は楽観的、女性は不安になりやすい
いつもと違うことが起きたとき、
女性は不安により注意深く観察し、その結果 女の勘が働く
 
またセロトニンの合成能力は加齢により下がっていく

(9)

中野信子によると
●女性よりも男性の方が他人の不幸を喜ぶ
ロンドン大学の調査で
自分の嫌いな人が苦しんでいるのを見たとき、
女性は脳の痛みの共感を感じる前帯状皮質が反応したのに対し、
男性は快楽を感じる側坐核が反応した
 
●男性よりも女性の方が脳の成長が早い
脳の大きさは、女性よりも男性の方が大きいが、
脳の成長や成熟は、女性の方が早い
思春期を迎えるころには、男性よりも女性の方が1~2年早く成熟する

(11)

臨床心理:山名裕子によると
●天気予報をみるとお金持ちになれるかも
 
日本気象協会のアンケート調査で
高収入の人ほど天気予報をチェックしていることが分かった
年収200万未満の人は、天気予報をチェックしている人が9%
年収500万~750万未満の人は17%、
年収1000万円以上の人は28%
 
高収入の人は、天気も含めて先のことを見越して
効率的に行動する習慣が身についている
 
天気をチェックする癖をつければ先を読む考え方が定着し、
高収入につながるかもしれない

(6)

青山歯科医院:青山智美によると
猫舌は体質ではないし、遺伝もしない
●猫舌は、舌の使い方が下手なだけ
舌は先の方が熱に敏感で、奥の方が熱を感じにくい
舌に当たる位置をズラせば熱くない
 
猫舌の人は、熱に敏感な舌先を前に出したまま口に入れていることが多い
 
親が猫舌の場合、子供も熱いものを食べる機会が少ないため、
上手な舌の使い方が身につかないだけ

(30)

●愛の告白は、夕暮れ時にすると成功しやすい
 
人は暗くなる夕暮れの時間帯は、判断力が鈍る
さらに暗くなると心の距離感が縮まる
したがって夕暮れ時に告白すると相手が受け入れてくれやすい
夕暮れが難しい時は、明るい店で食事をして
薄暗い店で告白するのも夕暮れの心理効果が期待できる
 
人は、強い光を受けると判断力が鈍る
逆光で告白すると相手が受け入れてくれやすい

(6)

●初対面の人と仲良くなるには、5分に一回 相手の名前を呼ぶ
 
人には誰でも誰かに認められたい思いがある
それを承認欲求という
 
それは親しい人より初対面の相手に
認められた方が効果が大きい
相手の名前を呼ぶことで承認欲求を満たすことになる
初対面の時こそ、相手の名前を呼んだ方がよい

(21)

スポンサード リンク