Category Archives: 食べ物/飲み物

●みたらし団子は、鎌倉時代に京都で誕生した
京都の下鴨神社にある御手洗池は、
古来より池の水で手や足を洗うと無病息災のご利益がある神聖な池とされる
御手洗池の地下からは水が湧いており、たまに泡が湧き出てくる
それを見ることができるととても縁起が良いとされていた
鎌倉時代、醍醐天皇が御手洗池で手を清めていると、泡が湧き出てきた
一つ見るだけで縁起が良いとされる泡が、さらに4つ続けざまに湧き出、
合わせて5つの泡が出てきた
古来より下鴨神社は神へのお供え物として団子を奉納していた
元々は、串に刺していない一つ一つの状態だったが、
この縁起が良い出来事にあやかりたいと
5個を串に刺した状態でお供えするようになった
その後、5個刺しの団子を境内の茶店で売るようになった
 
江戸時代、京都で誕生したみたらし団子は、
江戸にも伝わり、庶民に大人気になっていた
その値段は、1串5個で5文、みな一文銭 5枚を出して買っていた
1768年、四文銭が登場
一文銭4枚分の四文銭は、持ち運びに便利だと瞬く間に広がり、
多くの食べ物屋が四文銭1枚で支払えるように
商品を4文で売り出すようになった
みたらし団子も4文で売るようにと要望が続出
1串5個の団子を5文で売っていたみたらし団子を、
損をしないように4個4文で売るようになり、それが定着した
 
●花見団子を作ったのは、豊臣秀吉
1598年、天下を取った秀吉は、
京都の醍醐寺で1300人を招待する大規模な花見を計画
その花見の目玉として考えたのが、誰も見たことがない団子
当時、団子と言えば5個刺しのみたらし団子が主流
秀吉が考えたのは、日本の四季を表現した色鮮やかな三色団子
上から、桜をイメージした春、雪の降る冬、葉が生い茂る夏を表している
秋を抜いたのには、2つの理由があった
食べ飽きない、商いが繁盛するようにと願いを込めて、秋無い
秀吉が作った花見団子は、人気となり日本全国に広まった

(0)

スポンサード リンク
●唐揚げと竜田揚げには、明確な違いがある
鶏肉の印象が強い唐揚げだが、
食材やまぶす粉に決まりがなく、油で揚げたモノ全てを唐揚げという
そもそも日本では、鎌倉時代から油で揚げる調理方法があった
その食材は、野菜や魚介類がほとんどだった
 
●唐揚げ=鶏肉の揚げ物の印象が定着したワケ
昭和7年、銀座にある三笠会館が、
日本で初めて鶏肉を揚げた若鶏の唐揚げがメニュー化された
経営が芳しくなかった時、従業員に何か良い打開策はないかと相談した
1人のコックが、江戸時代に中国から伝わってきた精進料理で
豆腐を小さく切って揚げた料理があるのですが、ご存知ですか?
その豆腐を小さく切って揚げた料理の料理名が、唐揚げだった
コックたちは、新しい揚げ物を作ろうと、当時高価で珍しかった鶏肉を使うことに
鶏肉を揚げた揚げ物を、若鶏の唐揚げと名付けた
若鶏の唐揚げは、たちまち人気となり、
その後、全国に若鶏の唐揚げが広まっていき、
唐揚げ=鶏肉の揚げ物という印象が定着した
 
竜田揚げも食材に関しては、特に決まりはないが、2つの条件が必要となる
1、醤油、みりんで下味をつける
2、片栗粉をつけて揚げる
●竜田揚げは、軍艦 龍田で誕生した
龍田とは、1920年ころに活躍した軽巡洋艦
第一次大戦直後、戦争による食糧不足が深刻化
国から海軍に、安くて美味しい軍の料理を作るようにと命令が下った
海軍が目を付けたのが、当時とても安く手に入ったクジラ
しかし血合いが多いクジラ肉は、すぐに生臭くなる
そこで軍艦 龍田の料理長が開発した調理方法が、
醤油の風味、みりんのアルコールでクジラ肉の生臭さをとり、
さらに粘着性の強い片栗粉をまぶし揚げることで全体にしっかりとした衣をつける
この調理方法によって、クジラ肉の生臭さを感じさせない揚げ物に仕上げた
軍艦 龍田で誕生した揚げ物は、竜田揚げとして日本中に広まり、
次第にクジラ肉以外の食材が使われるようになった

(5)

本場中国の餃子には、ニンニクは入っていない
 
●日本の餃子にニンニクが入っているワケ
 
元々、日本に餃子を広めたのは、
第二次世界大戦後、中国から引き揚げてきた人々だと言われている
最初に日本に入っていた時に使われた肉は、年老いた低品質の羊肉
羊肉の臭いを消すためにニンニクを入れるようになり、
それがそのまま日本で定着した

(0)

日本で初めてショートケーキを販売したのは、不二家
大正11年にイチゴのケーキをショートケーキと命名して販売した
●ショートケーキのショートは、ショートニングが由来
 
明治43年、横浜 元町に藤井林右衛門が洋菓子店 不二家を開業
開店から2年後の大正元年に新商品開発の視察のためアメリカに渡った
当時アメリカで流行っていたショートケーキは、
スコーンのような生地でイチゴや生クリームを挟んだケーキだった
ショートケーキの名前の由来は、
植物性油や動物性油を固形状にした油脂(ショートニング)を使っているから
ビスケットなどのお菓子を作るときに生地をサクサクにするための材料
 
ショートケーキの美味しさに感動した藤井は、
帰国後、アメリカのショートケーキを参考に新しいケーキの開発を始める
アメリカのショートケーキの固くサクサクした食感は、日本人の口には合わない
そう思った藤井は、カステラをヒントにフワフワのスポンジ生地にすることを思いつく
完成したケーキは、スポンジ生地の上に生クリームとイチゴ、ミカンなどのフルーツ
アメリカのショートケーキを参考にしたからとショートケーキと名付けた
 
そのため不二家では、今でもイチゴを使ったホールケーキを
ショートケーキという商品名で販売している
 
その後、藤井は生クリームと一番相性の良いイチゴだけを乗せたショートケーキを作るように
そのショートケーキは、大評判となり、
全国の洋菓子店でもイチゴのショートケーキを作るようになったため、
日本ではイチゴを使ったケーキがショートケーキとして定着した

(1)

昭和の時代、銭湯で腰に手を当てて飲んだ瓶入り牛乳
●銭湯に瓶入り牛乳が置かれるようになったワケ
 
昭和30年代、冷蔵庫は、テレビ、洗濯機と共に三種の神器と呼ばれ、
一般家庭では、ほとんど見ることがなかった
当時大繁盛していた銭湯には、最新の冷蔵庫が置かれていて、
そこに目を付けたのが、牛乳販売店
最初に販売されたのは、1928年に牛乳
1956年にコーヒー牛乳、1958年にフルーツ牛乳と販売された
 
銭湯で風呂上がりに飲む飲み物の人気は、圧倒的にコーヒー牛乳だという

(0)

●「しいたけ」と「どんこ」の違い
クヌギの木に直径1㎝の穴を開け、
しいたけ菌を植え付け、1年半、原木を寝かせる
しいたけ菌が木の栄養分を吸い取り、クヌギの木全体に菌糸が広がり、
菌糸の先端が木を突き破ると、しいたけの芽が出る
芽が出ると成長は早く、3週間くらいで収穫となる
 
ここまでは「しいたけ」も「どんこ」も同様
●カサの開きが、7分未満のモノを24時間乾燥させたしいたけを「どんこ」と呼ぶ
 
●カサが7分以上開いたモノを収穫し、乾燥させたモノを「しいたけ」と呼ぶ
どんこは、わずかな時間しか収穫できないため、しいたけよりも値段が高い
 
●カサの開いていないしいたけを、どんこと呼ぶようになったワケ
明治時代初期、当時、日本では、カサが開いたしいたけと
カサが開いていないどんこを混ぜて販売されていた
そこへ中国人がカサが開いていない干ししいたけを選び、「どんぐ」と呼んだ
中国では、カサが開いていないしいたけは、
肉厚で美味しいと普通の干ししいたけと差別化するために
「どんぐ」と呼び分けていた
「どんぐ」という呼び方が次第に「どんこ」に変化
その後、日本でもカサが開いていないしいたけを「どんこ」と呼び分けるようになった

(3)

●寿司屋の湯飲みが大きいワケ
 
江戸時代に誕生した寿司屋
当時は、小さな湯飲みでお茶を出していた
寿司は、庶民に大人気で常に満員
当時の寿司屋は、調理から接客まで店主一人で
切り盛りしていたため、お茶のおかわりもかなりの負担だった
そこでお茶のおかわりを何度も頼まれないように大きい湯飲みに変えた
 
大きな湯飲みに変えたことで、
客は汚れた手をお茶で洗うようになり、
濡れた手をのれんで拭いて帰った
そのため昔は、のれんが汚れているほど繁盛している美味しい寿司屋の証だった

(2)

かつてロールケーキは、渦巻き型が一般的だったが、
ひと巻き型をブレイクさせたのが、
大阪モンシェールの堂島ロール
 
●堂島ロールが誕生したきっかけは、生地が足りなくなったから
 
ある日、渦を巻くためのスポンジ生地が足りなくなった
新たにスポンジを作る材料もなく、
苦肉の策としてひと巻きにして売り出したところ、ブレイクした

(4)

●メンチカツは、ミンスをメンチを聞き間違えて命名された
メンチカツは、東京 銀座にある煉瓦亭が日本で最初に作った
創業 明治28年の老舗洋食店 煉瓦亭
メンチカツは、開店から4年後の明治32年に初代 木田元次郎が作った
豚肉を油で揚げたポークカツレツをヒントに
ひき肉を揚げた新たな料理を生み出したが、名前を付けるのに悩んだ
外国人にも分かりやすいように英語の名前を付けないと、
店に来た外国人に「ひき肉って英語でなんて言うんですか?」
と聞くと「Mince meat」
木田は、肉を挽くという意味のMince(ミンス)をメンチと聞き間違い、
ひき肉を揚げたカツレツにメンチミートカツレツ、略してメンチカツと命名
メンチカツは、人気となり、全国に広まったことで
次第にひき肉のことをメンチと呼ぶようになった
 
●関西でメンチカツをミンチカツと呼ぶようになったワケ
昭和5年に、その当時流行していた言葉や外来語をまとめた「モダン辞典」が発行され
この時点に、ひき肉を意味する言葉として、ミンチが採用された
当時新聞用語や専門用語の解説にも使われるほど
大きな影響力を持っていたため、ひき肉=ミンチとなった
 
実は、煉瓦亭で誕生したメンチカツが関西に伝わった時、
メンチカツとは呼ばずにミンチカツと呼ぶようになった
煉瓦亭のメンチカツは、材料に豚と牛肉の合い挽き肉が使われていた
関西で肉と言えば主に牛肉が食べられていたため、牛100%のひき肉が使われた
材料が違うので料理名を変えようと考え、
聞き間違えたメンチではなくミンスミートに近いミンチカツと名前を変更した
モダン辞典を編集する際、聞き間違えたメンチではなく、
英語のミンスミートに近いミンチが採用された
しかし関東を中心にメンチカツという料理名は、
定着していたので現在でもメンチカツという料理名が残っている

(2)

埼玉県草加市は、おせんべいの発祥の地
草加は江戸時代、日光街道の宿場町として栄えた
そこで、団子屋の看板娘おせんさんが、
売れ残った団子を平らに潰して焼いて売ったのが、せんべいのはじまり
 
●草加せんべいが、爆発的にヒットしたのは、川で運ばれた醤油のおかげ
 
草加の川上に位置する千葉県野田市は、
キッコーマンの工場もある醤油の一大生産地
江戸時代の頃から生産品だった野田の醤油は、
利根川を利用して運ばれ、江戸に供給されていた
その途中にあった草加は、いち早く醤油を仕入れることができた
元々、せんべいが誕生したころは、塩せんべいしかなかった
せんべいに最初に醤油を塗ったのは、草加
それまで無かった香ばしい醤油せんべいは、たちまち大ヒット
草加を代表する名産となった

(1)

スポンサード リンク