Category Archives: 食べ物/飲み物

●「しいたけ」と「どんこ」の違い
クヌギの木に直径1㎝の穴を開け、
しいたけ菌を植え付け、1年半、原木を寝かせる
しいたけ菌が木の栄養分を吸い取り、クヌギの木全体に菌糸が広がり、
菌糸の先端が木を突き破ると、しいたけの芽が出る
芽が出ると成長は早く、3週間くらいで収穫となる
 
ここまでは「しいたけ」も「どんこ」も同様
●カサの開きが、7分未満のモノを24時間乾燥させたしいたけを「どんこ」と呼ぶ
 
●カサが7分以上開いたモノを収穫し、乾燥させたモノを「しいたけ」と呼ぶ
どんこは、わずかな時間しか収穫できないため、しいたけよりも値段が高い
 
●カサの開いていないしいたけを、どんこと呼ぶようになったワケ
明治時代初期、当時、日本では、カサが開いたしいたけと
カサが開いていないどんこを混ぜて販売されていた
そこへ中国人がカサが開いていない干ししいたけを選び、「どんぐ」と呼んだ
中国では、カサが開いていないしいたけは、
肉厚で美味しいと普通の干ししいたけと差別化するために
「どんぐ」と呼び分けていた
「どんぐ」という呼び方が次第に「どんこ」に変化
その後、日本でもカサが開いていないしいたけを「どんこ」と呼び分けるようになった

(4)

スポンサード リンク
●寿司屋の湯飲みが大きいワケ
 
江戸時代に誕生した寿司屋
当時は、小さな湯飲みでお茶を出していた
寿司は、庶民に大人気で常に満員
当時の寿司屋は、調理から接客まで店主一人で
切り盛りしていたため、お茶のおかわりもかなりの負担だった
そこでお茶のおかわりを何度も頼まれないように大きい湯飲みに変えた
 
大きな湯飲みに変えたことで、
客は汚れた手をお茶で洗うようになり、
濡れた手をのれんで拭いて帰った
そのため昔は、のれんが汚れているほど繁盛している美味しい寿司屋の証だった

(4)

かつてロールケーキは、渦巻き型が一般的だったが、
ひと巻き型をブレイクさせたのが、
大阪モンシェールの堂島ロール
 
●堂島ロールが誕生したきっかけは、生地が足りなくなったから
 
ある日、渦を巻くためのスポンジ生地が足りなくなった
新たにスポンジを作る材料もなく、
苦肉の策としてひと巻きにして売り出したところ、ブレイクした

(4)

●メンチカツは、ミンスをメンチを聞き間違えて命名された
メンチカツは、東京 銀座にある煉瓦亭が日本で最初に作った
創業 明治28年の老舗洋食店 煉瓦亭
メンチカツは、開店から4年後の明治32年に初代 木田元次郎が作った
豚肉を油で揚げたポークカツレツをヒントに
ひき肉を揚げた新たな料理を生み出したが、名前を付けるのに悩んだ
外国人にも分かりやすいように英語の名前を付けないと、
店に来た外国人に「ひき肉って英語でなんて言うんですか?」
と聞くと「Mince meat」
木田は、肉を挽くという意味のMince(ミンス)をメンチと聞き間違い、
ひき肉を揚げたカツレツにメンチミートカツレツ、略してメンチカツと命名
メンチカツは、人気となり、全国に広まったことで
次第にひき肉のことをメンチと呼ぶようになった
 
●関西でメンチカツをミンチカツと呼ぶようになったワケ
昭和5年に、その当時流行していた言葉や外来語をまとめた「モダン辞典」が発行され
この時点に、ひき肉を意味する言葉として、ミンチが採用された
当時新聞用語や専門用語の解説にも使われるほど
大きな影響力を持っていたため、ひき肉=ミンチとなった
 
実は、煉瓦亭で誕生したメンチカツが関西に伝わった時、
メンチカツとは呼ばずにミンチカツと呼ぶようになった
煉瓦亭のメンチカツは、材料に豚と牛肉の合い挽き肉が使われていた
関西で肉と言えば主に牛肉が食べられていたため、牛100%のひき肉が使われた
材料が違うので料理名を変えようと考え、
聞き間違えたメンチではなくミンスミートに近いミンチカツと名前を変更した
モダン辞典を編集する際、聞き間違えたメンチではなく、
英語のミンスミートに近いミンチが採用された
しかし関東を中心にメンチカツという料理名は、
定着していたので現在でもメンチカツという料理名が残っている

(2)

埼玉県草加市は、おせんべいの発祥の地
草加は江戸時代、日光街道の宿場町として栄えた
そこで、団子屋の看板娘おせんさんが、
売れ残った団子を平らに潰して焼いて売ったのが、せんべいのはじまり
 
●草加せんべいが、爆発的にヒットしたのは、川で運ばれた醤油のおかげ
 
草加の川上に位置する千葉県野田市は、
キッコーマンの工場もある醤油の一大生産地
江戸時代の頃から生産品だった野田の醤油は、
利根川を利用して運ばれ、江戸に供給されていた
その途中にあった草加は、いち早く醤油を仕入れることができた
元々、せんべいが誕生したころは、塩せんべいしかなかった
せんべいに最初に醤油を塗ったのは、草加
それまで無かった香ばしい醤油せんべいは、たちまち大ヒット
草加を代表する名産となった

(1)

一般的にお好み焼きのメニュー名は、入っている具材の○○玉
しかし、そばが入っているお好み焼きは、モダン焼
モダン焼を考案したのは、ぼてぢゅう
モダン焼のモダンは、実は英語ではない
●お好み焼きのモダン焼のモダンは、もりだくさんの略
 
元々ぼてぢゅうには、お好み焼きと焼きそばの別々のメニューがあった
店員がまかないとしてお好み焼きに焼きそばを加えた
そのお好み焼きが、もりだくさんだったことから、
もりだくさんなお好み焼き、略してモダン焼と命名した

(10)

●おでんのルーツは、味噌田楽
串に刺した豆腐に味噌を塗って焼く味噌田楽
そこに宮中に使えた女性たちの丁寧語である「お」をつけて、
「おでんがく」となり、さらに「おでん」と呼ばれるようになった
 
●せっかちだった江戸っ子のおかげ
味噌を塗ってから焼く旧式のおでんは、手間がかかる
煮込むおでんの場合、具材を入れて煮込むだけで手間がかからない
煮込むおでんも串に刺さっているので、食べるのに手軽
江戸中期に濃口醤油が登場したことで調味料が発展
おでんは、瞬く間に江戸っ子たちに大人気となった
 
●全国におでんが広まった理由は、関東大震災
大正12年に起きた関東大震災
震災後、全国から復興支援の人々が東京に集まった
江戸っ子は、自分らが食糧難であったにもかかわらず、
復興支援に来た人たちにおでんを振舞った
美味しさと手軽さに感動した復興支援者は、各地に持ち帰って
全国に煮込み式おでんが広まった

(1)

●イチゴの食べる部分は、実ではなく茎
茎の先端が膨れて変形したのが、イチゴの食べている部分
イチゴの実は、ツブ
ツブの中に種がある
 
●イチゴを食べると虫歯予防効果がある
イチゴには、キシリトールが豊富に含まれており、虫歯予防効果がある
 
北九州工業高等専門学校:川原浩治によると
●イチゴを食べると花粉症が改善する
イチゴに含まれる酵素が働いて花粉症のアレルギーの
引き金となる原因物質が減少することが分かった

(4)

●赤さではなくツヤのあるイチゴの方が甘い
イチゴは、赤くても熟しているとは限らない
イチゴの赤色は、ポリフェノールの一種であるアントシアニン
主に抗酸化作用があるが、甘さとは全く関係ない
収穫した時点で甘みは止まるが、
色づきだけは進むので熟さなくても真っ赤になることもある
ツヤのあるイチゴは、みずみずしく、中まで熟している証拠
 
●先が平たいイチゴの方が甘い
イチゴは先に行くにしたがって糖度が高くなる
ヘタと比べると糖度は2、3倍違う
先が大きいほど甘い箇所が多くなる
 
●イチゴのツブの間が離れている方が、熟している
ツブが離れているのは、熟して実がパンパンの証拠
熟せば熟すほど内側が膨らみ、
ツブが表面に食い込み、イチゴに張りが出る
 
●産毛が際立つイチゴは、新鮮な証拠

(2)

●明石焼きは、元々捨てられるはずの黄身から作られた
 
明石焼きが誕生する前、兵庫県にあった特産が、明石玉
かんざしの装飾として使用された明石玉は、
作る際に接着剤として卵の白身を使用していた
 
捨てるしかない黄身を使って誕生したのが、明石焼き
 
今では明石玉は、プラスチックの普及により衰退したが、
明石焼きは、全国区の特産に発展した

(6)

スポンサード リンク