Tag Archives: フランス

●クロワッサンは戦争がきっかけで誕生
1683年、オスマン帝国の大規模なヨーロッパ進撃作戦、第二次ウィーン包囲
オーストリアの首都ウィーンを大軍で攻撃したが、失敗し、包囲戦が長期化
最後は中央ヨーロッパ諸国連合軍が包囲を打ち破った
その戦争の勝利を記念して、町のパン屋が
トルコ国旗の意匠である三日月を象ったパンを作った
 
ちなみにウィーンのユダヤ人パン職人が
王へ感謝のしるしに馬のあぶみを象ったパンを献上したのが、ベーグルの始まり
 
1700年代後半にオーストリアのマリー・アントワネットが、
フランスのルイ16世に嫁ぐ際、三日月形のパンを持ち込んだ
フランス語で三日月を意味するクロワッサンと名付けられ、フランス中で流行した
 
●まっすぐなクロワッサンが誕生したワケ
三日月形のクロワッサンが流行した頃は、安いマーガリンを使用していた
高級なバターを使ったクロワッサンが作られた際、
安いマーガリンを使用した三日月形のクロワッサンと
差別化するためにまっすぐなクロワッサンにした

(3)

スポンサード リンク
フランス パリのエッフェル塔
1889年、パリ万博のためセーヌ河畔に建設された
設計者は、ギュスターヴ・エッフェル
建設を受託したエッフェル社の代表でもある
 
●エッフェル塔には、エッフェル一族の部屋がある
それは地上276.13mにある最上部の一室
現在は、当時の様子を再現したろう人形が展示されている
 
その部屋でエッフェルは、気象観測、
天体観測、生物学的観測、無線逓信研究を行い、
1903年、70歳をすぎて改めて風の制御に関する研究にとりかかり、
1909年、エッフェル型と称される風洞を建設した

(349)

4月1日、世界の多くの国で笑えるウソが許されるエイプリルフール
●エイプリルフールのウソには、ルールがある
エイプリルフールは、16世紀のフランス、
当時の王が新年の区切りを3月末から
1月1日に変更したのが、きっかけと言われる
4月1日を民衆がウソの新年としてバカ騒ぎしていた
すると王が激怒し、バカ騒ぎする民衆を処刑した
その事件を忘れないために4月1日にウソをつく風習になった
 
イギリスのオークアップルデー記念日では、
王に忠誠の証として午前中だけ
オークアップル(樫の実)を身につけ、
つけてない人は周りから責められる風習がある
このルールが、エイプリルフールにも流用され、
ウソをついていいのは、午前中だけ

(59)

スポンサード リンク