Tag Archives: ペンシルベニア州立大学

●アボカドを摂ると動脈硬化のリスクが減少する
 
2014年、ペンシルベニア州立大学の研究
アボカドを1日1個食べた場合、食べなかった場合よりも
動脈硬化のリスクが減少することが分かった
アボカドに含まれるオレイン酸が、
中性脂肪や悪玉コレステロールを減らすため
 
●アボカドの種を捨てるのはもったいない
そんな栄養価が高いアボカドだが、
タネにも多くの栄養が含まれている
抗酸化力のあるポリフェノールが豊富に含まれている
アボカドの種を電子レンジで15秒温めることで切りやすくなる
薄くスライス、苦味があるので1、2分炒る
スープに散らして食べたり、スムージーにしても良い
 
管理栄養士:赤石定典によると
●アボカドを加熱すると栄養素が半分も失われる
アボカドは過熱すると、ビタミンB群、ビタミンC、
カリウムなどの栄養素が半分も失われる
果物の一種であるアボカドには、
ビタミンやカリウムなど水溶性の栄養素が多い
加熱すると水分と一緒に栄養素も流れだしてしまう

(21)

スポンサード リンク
ペンシルベニア州立大学が行った最新研究によると
●家族といる時の方がストレスを感じている
 
ストレスで分泌されるホルモン:コルチゾールを測定
すると男女ともに職場より
家庭にいるときの方が、分泌量が多かった
 
つまり家族といる時の方が
ストレスを感じていることが判明
 
夫が家にいることにより、胃痛やうつ病などを
引き起こす主人在宅ストレス症候群に悩む女性もいる

(102)

スポンサード リンク