乳がん」タグアーカイブ

アメリカの国立衛生研究所の研究によると
●明るい部屋で眠ることは、女性の体重増加につながる
35~74歳の健康な女性 約4万4000人を対象に
ウエスト、ヒップ、BMIなど開始時から5年後までを調査
電気を消して寝る人に比べて、電気をつけたまま寝る人が、
体重5キロ以上増えた割合が17%も高かった
研究チームによると、今のところ、因果関係は不明
睡眠を促すホルモン メラトニンが関係していると考えられている
目をつぶっていても照明の光は、脳に届き、
メラトニンの分泌が減っているのではないか?
 
奈良県立医科大学 大林賢史 准教授によると
メラトニンの分泌が減ると、
満腹中枢を刺激するホルモンが減り、食べる量が増えるのでないか
さらに体のリズムが乱れて、日中の代謝も減るのではないかと考えられる
 
●照明をつけて寝ると、うつ症状のリスクが高まる
夜中に光を浴びることにより、体のリズムが乱れてしまうことが原因
 
ハーバード大学の研究によると
●乳がんになるリスクも高まる
乳がんのがん細胞の増殖を促進する女性ホルモンの量を調整できなくなることが原因
 
ペンシルベニア大学の研究によると
●近視のリスクも高まる
2歳までどう寝ていたか?が関係している
暗い部屋で寝ていた子は、近視率になる確率が10%
常夜灯がついた部屋で寝ていた子は、近視率になる確率が34%
明るい部屋で寝ていた子は、近視率になる確率が55%だった

(69)

スポンサード リンク
日本人女性の11人に1人が乳がんにかかっている
●背の低い女性より、高い女性の方が、乳がんになりやすい
国立がん研究センターが、5万人以上の女性を対象に行った調査によると
身長148㎝未満の女性に比べて、160㎝以上の女性は、
閉経前で1.5倍、閉経後で2.4倍も乳がんのリスクが高いことが分かった
背の高い女性は、成長ホルモンの分泌が多いからと考えられている
 
●胸の大きさと乳がんのリスクに相関関係はない
 
●毎日お酒をいっぱい飲む人は、乳がんになりやすい
アルコールを分解した際に発生するアセトアルデヒドに
発がん性があると考えられている
 
●乳がんは、痛みを感じない場合が多い
胸が痛くて病院に来る人がいるが、ほとんどの場合、女性ホルモンの影響
 
●運動すれば乳がんのリスクは下がる
毎日適度な運動をしている人は、そうでない人に比べ、
乳がんのリスクが10~20%減少することが分かっている
 
●座っている時間が長い人は、乳がんのリスクが上がる
海外で女性約2万9000人を対象にした調査によると
座っている時間の長いデスクワークの多い女性は、
立ち仕事の女性より、乳がんのリスクが高くなる
 
●みそ汁を毎日食べると乳がんの発生率が40%低下する
国立がん研究センターが、日本人を対象に行った調査によると
みそ汁を飲む頻度が1日1杯未満の人に比べ、
1日2杯の人は26%、3杯以上飲む人は40%も乳がん発生率が下がることが分かった

(34)

東北大学が、約2万4000人の女性を7年にわたって追跡調査
睡眠時間と乳がんの関係を調査した結果
●平均睡眠時間が6時間以下の人は、7時間寝ている人より乳がんのリスクが1.6倍
睡眠時間と乳がんには相関関係があると考えられる
 
世界がん研究基金の調査によると
●1週間に500g以上の赤身肉を食べると大腸がんのリスクが高まる
 
ウィスコンシン大学の調査によると
●睡眠時の無呼吸は、がんの発生を4倍以上高める
 
愛知県がんセンターの報告によると
●1日1度しか歯を磨かない人は、2回以上 歯を磨く人より食道がんのリスクが29%増加する
口や喉には、発がん性物質アセトアルデヒドを作る細菌が存在する
歯を磨かないと細菌が増殖して、がんになる危険性が高まる

(39)

●味噌汁を毎日食べると乳がん発生率が40%減少する
厚生労働省が日本人を対象に行った調査によると
味噌汁と飲む頻度が1日1杯未満の人に比べ、
1日に2杯の人は26%、3杯以上飲む人は
40%も乳がん発生率が減少することが分かった
 
大豆に含まれるイソフラボンに
乳がんの予防が期待できるではと考えられている
 
●運動している人は、乳がんのリスクが1/3に減少する
少し汗ばむ程度の運動を毎日続けることが大切

(20)

●背の高い女性は、2.4倍 乳がんになりやすい
 
国立がん研究センターで5万人の女性を対象に行った研究
160㎝以上の女性は、148㎝以下の人と比べて、
閉経前1.5倍、閉経後2.4倍 乳がんになりやすいことが分かった
成長期に成長が早かった人は、
女性ホルモンや成長ホルモンの分泌が
早いことが影響していることが考えられる
 
●毎日 お酒をいっぱい飲む人は、乳がんになりやすい
アルコールを分解した際に発生するアセトアルデヒドに
発がん性があると言われている
1日 日本酒で1合、ビールだと大瓶1本、
ワインだとグラス2杯以上飲む人は、乳がんのリスクが高まる
 
●太っている人は、標準体型と比べて2倍 乳がんのリスクが上がる
 
●40代の日本人女性は、マンモグラフィと超音波検査を併用すると1.5倍 乳がんの発見
率高まる
家族に乳がんを発症された人がいる場合、早くから検診を受けた方が良い

(68)

腫瘍内科医:星野泰三によると
●がん予防に効果的な食べ物は、ブロッコリーの新芽
ブロッコリースプラウトという名前でスーパーなどで販売している
ブロッコリーに大量に含まれる成分:スルフォラファンは、
発がん性物質をやっつける作用がある
さらに新芽には、一般的なブロッコリーと比べて
スルフォラファンが7倍以上 濃縮して含まれている
1日20g以上を目安に生のまま食べる方がより効果的
 
●がん予防に効果的な食べ物
・熟成した黒ニンニクのは、がん細胞の増殖を抑える成分が多い
1日、2、3片を目安に食べると効果的
・ハト麦茶には、がん細胞の発生を抑える成分が含まれている
1日0.5~1リットルを目安に飲むと良い
・イソフラボンを含む大豆製品には、乳がん、
前立腺がん、大腸がんなどの予防効果があると言われている
毎日適度に摂るように心がけると良い
しかしイソフラボンは女性ホルモン的な作用があるので、
男性は無茶苦茶な量を食べない方が良い
 
●牛肉ばかり食べていると腸内にがんを誘発する有毒な物質が
溜まり、大腸がんのリスクが上昇するという研究結果がある
牛肉を食べる前に握りこぶし1つ、2つ分の
キャベツを摂っておくと有毒なガスは排泄される
できれば高温加熱しない茹でた牛肉の方が良い

(121)

スポンサード リンク