Tag Archives: 離婚

●年収4000万円でも1000万円でも幸福感は変わらない
2011年に調査した内閣府の「人々の幸福感と所得について」の結果
200万円未満:5.5点
200~400万円未満:6.1点
400~600万円未満:6.7点
600~800万円未満:6.7点
800~1000万円未満:6.7点
1000~1200万円未満:7.4点
1200~1400万円未満:7.3点
1400万円以上:7.2点
年収1000万円以上で幸福感が下がる理由として、
仕事の責任が重くてレジャーに時間が割けない
さらに年収が増えるとハイクラスな生活でないと満足できないから
林修によると
 
●日本人は恋愛結婚にこだわりすぎている
1935年、恋愛結婚は13.4%、見合い結婚は69.0%だったが、
現在は、恋愛結婚87.9%、見合い結婚5.3%
生涯未婚率は、1940年1.5%、2015年20.1%
見合い結婚が減った分だけ未婚率が上がっている
 
●お見合いで結婚した夫婦の離婚率は低い
家と家とのつながりで生まれたカップルは、そう簡単に別れない

(0)

スポンサード リンク
脳科学者:中野信子によると
いきなり妻が熟年離婚を切り出すのは、
愛情ホルモンであるオキシトシンの減少が原因
子供が独立して親元からいなくなることで
母親のオキシトシンが減少し、理性に目覚め冷静になる
すると今まで許していた夫のちょっとした行動にも気持ちが覚め、
「何でこの人と結婚したんだろう」と自問自答し始める
 
●熟年離婚を切り出してきた妻への対処法は、ペットを飼い始めれば良い
ペットを飼うことで冷めてしまった妻のオキシトシンが増える
家庭内別居をするとオキシトシンは、さらに減少する
さらに単身赴任など一緒にいられない状況でもオキシトシンは減少する

(57)

アメリカのエモリー大学が3000組の夫婦を対象に調査を行った
最も離婚率が低いのは、同い年カップル
1歳差:3%
5歳差:15%
10歳差:39%
20歳差:95%
年齢差が大きくなるにつれて離婚率が上昇する
30歳差は172%、1.7倍も上昇する
 
将来設計など共通点が減っていくため
年の差カップルは長続きしない
 
年代の平均年収+年の差×100万円があれば年の差カップルでも続くと言われている

(113)

離婚弁護士:田村勇人によると
●結婚をせがんだ人は、3年以内に離婚しやすい
 
結婚をせがまれた方が、離婚しやすいと思うかもしれないが、
結婚をせがんだ方から離婚したいという相談が非常に多い
 
結婚をせがむ人は、結婚がゴールになっている
せがまれたのに結婚してあげる優しい人は、
結婚がスタートと考えている
 
せがんだ人はゴール、せがまれた人はスタート、お互い行き違う
そのため結婚の準備中に合わないと思っても結婚し、
すぐに離婚する人が増えている
 
特に結婚への憧れが強い30歳前後+40歳またぎの女性に多い
 
中野信子によると
結婚した夫婦の1/3が離婚するのは、飽きが一つの原因
少なくても夫婦の飽きは、4年ほどで起こるというデータがある

(239)

スポンサード リンク