Tag Archives: EPA

●イワシ漁師は、薄毛が少ない
内科・循環器科:池谷敏郎 医師によると
イワシなどの青魚に豊富に含まれる脂肪EPAは、
血管をしなやかにしてくれる
特に回遊魚であるイワシは、長時間泳ぎ続けるため、
たくさんのエネルギーを脂肪に蓄えている
 

 
●イワシのEPAで髪の毛が生える
そもそも髪の毛は、血液から栄養を補っている
しかし血流が悪くなると栄養が毛根まで運ばれず
薄毛や抜け毛を引き起こす原因になる
イワシに含まれるEPAは、血中の余分な中性脂肪や
コレステロールを減らし、血液をサラサラにする効果がある
 
EPAは、動物性脂や植物性油を摂りすぎると効果が半減してしまう

(26)

スポンサード リンク
認知症・高齢者総合内科:眞鍋雄太によると
●納豆に含まれるナットウキナーゼは、血栓を溶かす働きがある
脳梗塞の原因となる血栓を溶かす働きがある
 
在宅医・脳神経外科:米田浩基によると
●大豆に含まれるレシチンやリノール酸は血液を良化する
リノール酸は、適度に摂ると血液中のコレステロール値を低下させ、
血液をサラサラにする効果がある
 
脳神経外科:長谷川洋によると
岐阜大学が高山市民3万人を対象に16年間 食習慣の追跡調査を行った
それによると、
●納豆を良く食べている人の方が、食べない人に比べて脳梗塞のリスクが38%低かった
 
納豆を食べると脳梗塞や心筋梗塞などの患者が
服用する血栓を溶かす薬:ワーファリンの効果を下げてしまう
 
内科専門医・循環器専門医:池谷敏郎によると
血栓が出にくい薬を服用すると
血が止まりにくかったりアザができやすいが、
納豆を習慣的に食べた人が、鼻血が止まらない、
アザができやすいといったことは見受けられない
とすると納豆には、その程度の効果しかないのでは?
魚のEPAにも血をサラサラにする効果があると言われている
EPAを服用した際、アザができやすかったり、
鼻血が止まりにくいことを経験したので、
納豆よりも効果が高いと思われる
●納豆よりも魚のEPAの方が、血をサラサラにする

(15)

内科専門医・循環器専門医:池谷敏郎によると
油の摂り方は、アレルギーに関係していると考えている
 
●EPA・DHAとアラキドン酸の比率が、白血球の働きを変える
 
魚に多いのが、EPA・DHA、
肉やサラダ油に含まれるのがアラキドン酸
私の外来で、スナック菓子や油っぽい食べ物をやめ、
魚の脂をしっかり摂るだけで鼻炎が良くなる人が多い

(5)

産業技術総合研究所の研究によると
●魚は一日の内で朝食で食べると栄養の吸収が高まる
 
マウスに魚油を食べさせて体内のEPAとDHAを調査
朝に魚油を食べさせる群、夕方に魚油を食べさせる群を比較
その結果、朝に魚油を獲ったマウスの方が、
体内のEPAとDHAが多かったことが分かった
 
魚油の有効成分はDHA EPAの脂肪酸
DHA EPAの脂肪酸は、睡眠中に燃えてしまう
朝、魚を食べることでDHA EPAの脂肪酸が燃えずに蓄積される
 
●魚のDHA EPAを より摂取するには、刺身で食べた方が良い
魚のDHA EPAは、熱に弱い

(120)

スポンサード リンク