サングラスのUVカット機能には、寿命がある

色が濃いサングラスの方が、より紫外線をカットできると思われがちだが、
同じUVカット率の場合、カットできる紫外線の量は同じ
それよりも色が濃いサングラスの方が、
瞳孔が大きくなり、目に紫外線が入りやすくなる
そのため色が薄くUVカット率が高いサングラスの方が、
目に入る紫外線の量を少なくしてくれる
 
●サングラスのUVカット機能には、寿命がある
UVカットには、2つの種類がある
1つ目は、レンズの表面に紫外線を反射するコーティングがされているモノ
使っているうちにコーティングが剥がれていく
2つ目は、レンズそのものに紫外線吸収剤を練り込んだモノ
紫外線と化学反応して吸収する紫外線吸収剤は、
吸収を繰り返すうちに紫外線を吸収する機能が鵜砂われる
どちらのタイプもUVカットの機能は、劣化する
約5年の寿命と言われている

(39)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク