昔 「かまぼこ」と呼ばれていたのは、今の「ちくわ」だった

元々は、ちくわの形の食べ物があった
 
植物の蒲の穂のような形の食べ物を、
蒲の穂と呼び、のちに蒲鉾に転じた
 
のちの時代に板に半円形のすり身を乗せて作る蒲鉾が登場した
 
区別するために竹輪かまぼこと板かまぼこと呼んだ
 
ずっと使われているうちに、
竹輪かまぼこからは「かまぼこ」が消えて「竹輪」が残った
 
板かまぼこからは「板」が消えて「かまぼこ」が残った
 
そば屋などにある「板わさ」は、板かまぼこにワサビがついている

(29)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク