妹に婿養子を迎えさせて家督を放棄し、儒学、俳諧、長崎へ遊学し、
本草学とオランダ語、医学、油絵、漢学、
鉱山の採掘や精錬の技術、オランダ博物学を学ぶ
秩父市の中津川で鉱山開発を行い、石綿などを発見し、
秩父における炭焼、荒川通船工事の指導なども行う
 
安永5年(1776年)に長崎で手に入れたエレキテルを修理して復元する
若い頃は、スポンサーが多かったが、晩年は少なくなり、お金に困っていた
安永8年(1779年)どん底の暮らしを送っていた源内に、
大名屋敷の修繕の仕事が舞い込む
仕事仲間だった大工の棟梁と共に修繕の計画を綿密に練っていった
そして修繕計画から見積もりまで全てをまとめた計画書が完成
ある日の夜、源内は計画書の完成を祝い、棟梁と2人で酒を飲んでいた
酒が進み、2人は酔って寝てしまう
源内が目を覚ますと完成したばかりの計画書が見当たらない
源内が棟梁を問い詰めると、棟梁はその場から立ち去った
源内は棟梁を追いかけ、刀で殺傷
11月21日、現在は殺人罪で投獄され、
12月18日に獄中で破傷風を患い、獄死した
 
実は、計画書は盗まれておらず、
酔った源内の勘違いだったことが後に分かる
 
解体新書で有名な杉田玄白らの手により源内の葬儀が行われた

(6)

スポンサード リンク
江戸川大学:斗鬼正一教授によると
●たこ揚げは、元々タコではなくイカだった
凧揚げは、5~6世紀ごろ、中国で誕生した
当時は、遊びではなく遠くの味方に合図を送るため戦に使われていた
敵に悟られないように鳥に似せて鳶の形をしていた
紙に鳶と書いて紙鳶と呼ばれていた
最初は戦に使われていたが、次第に中国の貴族の遊びとして定着
平安時代に日本に伝わり、日本の貴族の間でも流行
江戸時代に入ると庶民にも紙鳶が広がり、一大ブームとなる
四角形に長い足がついている姿が、イカに似ていることから
紙鳶は、いかのぼりと呼ばれるように
 
ブームとなると、いかのぼりが原因で喧嘩が頻発
さらに 落ちたいかのぼりに当たり、けが人や死者が出た
さらには大名行列に落ちて大事件になったりと当時の社会問題になった
1646年、幕府はついに いかのぼり禁止令を出した
それでも庶民のいかのぼり熱は冷めず、
いかのぼりの呼び方を、たこのぼりに変えて禁止令を無視して続けた
1656年、幕府は たこのぼり禁止令を出すが、一部の庶民は禁止令を無視
以来、いかのぼりは、たこのぼりで定着
たこのぼりを揚げることから、たこ揚げという呼び方に変わった

(1)

●ひと口の水で薬を飲んではいけない
ひと口の水で薬を飲むと
喉の粘膜でくっつき、薬がその場で溶ける
期待される効果が発揮されないばかりか、
潰瘍の原因になる恐れもある
薬を今で到達させるために必要な水の量は、コップ一杯分、約180㎖
 
●上を向いて飲むべき薬と下を向いて飲むべき薬がある
カプセル薬は水に浮くが、錠剤は水に沈む
水に沈む錠剤は、軽く上を向くと胃に流しやすい
水に浮くカプセル薬は、下を向くと胃に流しやすくなる

(13)

●バスの語源は、ラテン語のオムニバス
 
オムニバスは、「すべての人のために」という意味
色々な人が乗るということから
乗合馬車や乗合自動車をオムニバスと呼ぶようになり、
後にomnibusが英語読みで短縮されて「バス」となった
 
バスの起源は、17世紀にフランスのブレーズ・パスカルが、
考案した5ソルの馬車と呼ばれる乗合馬車、タクシーの起源は、辻馬車

(4)

●イタリアのマフィアは、レモンをきっかけに誕生した
 
大航海時代に流行したビタミンCの欠乏によって起こる壊血病
その壊血病に効くと考えられたのが、レモン
イタリアのシチリアは柑橘類の生産が有名でレモンの奪い合いになった
レモンを強奪されていた生産者を守る正義の味方としてあるグループが誕生
その名が、マフィオソ
 
1861年、イタリア王国がシチリアを統合
戦争に敗れ、イタリアに統合されたシチリア市民は、
政府に不満を募らせ、反政府運動が頻発
その運動の中心にいたマフィアは、
物資を調達するために犯罪を行い、次第に悪の組織に変化していった

(29)

東京医科歯科大学:藤田紘一郎によると
●ダイエットをしているのに痩せないのは、腸内にいるデブ菌が大きな原因
それは大腸にいるフィルミクテス門は、糖や脂肪を溜め込む性質があるため
少ない食べ物でも大量のエネルギーを吸収、つまり太りやすい体に
 
腸の中にいる細菌は200種類100兆個以上
その中には善玉菌、悪玉菌、どちらとも言えない日和見菌がいる
その日和見菌のうち脂肪を溜め込むデブ菌と
脂肪を燃焼してくれる痩せ菌が存在する
悪玉菌が多くなると日和見菌の中でよりデブ菌が繁殖し、勢力が拡大
この状態でダイエットを続けていても効果はない
一方善玉菌が多くなると痩せ菌が増殖、痩せやすい体になる
 
●デブ菌チェック
1、小食なのに太っている
2、ダイエットをしても成果が出ない
3、納豆、キムチ、ヨーグルトなどの発酵食品をあまり食べない
4、風邪をひきやすい
5、肌の調子が悪い
6、運動をあまりしない
7、大便、おならがすごく臭い
8、便秘がち、あるいは下痢をすることが多い
当てはまる数が4つ以上の人は、
デブ菌が増えている、または増える可能性が高い
 
デブ菌を減らして腸をリセットするには、食生活が大事
デブ菌の好物は、高脂肪、高カロリーな食べ物
食物繊維が多く低脂肪な食べ物を摂ることで痩せ菌が増えていく
●デブ菌を撃退する酢キャベツ
1、千切りにしたキャベツ(1/2個)に塩(小さじ2)を加えてしんなりするまで揉む
2、酢(200ml)を加え、軽く揉む
3、冷蔵庫で半日漬け込んで完成
キャベツの食物繊維は、デブ菌の繁殖を抑える
酢は悪玉菌の繁殖を防ぐ効果が期待できる
毎食100g(小皿一杯)ほど食べるのが、理想
味噌汁やハンバーグの種に加えるのもアリ

(11)

日本の小学生はランドセルを背負って登校するが、義務ではない
 
幕末、幕府が洋式軍隊制度を導入する際、
将兵の携行物を収納するための装備品として、
オランダからもたらされた背嚢が原型
その背嚢をオランダ語でランセルと言い、
それが訛って「ランドセル」になった
 
現在使っている革製のランドセルを日本で最初に作ったのが、
初代内閣総理大臣:伊藤博文
後の大正天皇が学習院初等科に入学されるときに
入学祝いの品として献上、
それがきっかけで世間に徐々に浸透して現在のような慣習が生まれた

(20)

篆刻家であり、画家であり、陶芸家であり、書道家であり、
漆芸家であり、料理家であり、美食家であった北大路魯山人
多くの浮名を流したモテ男で、結婚と離婚を繰り返す
 
1908年、25歳で初めて結婚した魯山人
相手は仕出し料理店の娘 タミ
器量が良く、町内でも評判の美人で若い魯山人の才能を信じ、
献身的に支える良妻賢母だった
しかし1910年12月、魯山人は妻子を置いて実母と朝鮮半島に渡り、
日本の韓国統監府で書記として働きながら現地の古碑を鑑賞し、
その後上海まで墨蹟と篆刻の名品を見て回る
1914年にタミと離婚
 
1917年、魯山人は、金目当てで商家の娘セキとお見合いして結婚
1927年、44歳、自らプロデュースした高級料亭 星岡茶寮で
料理長を務めていたの時、従業員の中島キヨに心を奪われ、
気をひくために他の従業員の倍以上の給料を渡していた
金遣いが荒った魯山人は、セキに資金援助を拒まれると、
キヨと一線を越え、妊娠させ、セキと離婚し、キヨと結婚
 
魯山人は、キヨ以外にも数々の女性と関係を持ち、
1938年、1940年、1948年にも結婚するが、離婚している

(41)

●○○人と○○名 人数の数え方の違い
 
個人を特定できない場合は、○○人
個人を特定できる場合は、○○名
 
そもそも日本では人数を数える場合、
個人を特定できるか できないかに関わらず「○○人」を使っていた
「○○名」が使われるようになったのは、明治時代から
陸軍をはじめとする軍隊で使い始められたと考えられている
明治5年、明治政府は壬申戸籍という戸籍を作る
国民一人一人の名前、年齢、住所を把握するため
壬申戸籍をもとに満20歳の男性に徴兵検査を義務付けた
検査に合格した人は、軍人となった
明治になって創設された陸軍は、個人が特定できる組織
江戸時代までの古い組織と区別するため陸軍は、
人の数え方を「人」ではない数え方にわざわざ変えたと考えられる
個人が特定できることから名前の「名」からとった「○○名」という数え方に

(4)

●江戸時代、士農工商という身分制度はなかった
 
そもそも江戸時代の身分は、支配階級の武士と、
商人や農民などの武士以外の身分しかなかった
 
明治時代になり、全ての人々が平等だと強調するために
明治政府は、江戸時代は職業で差別された士農工商という身分制度があったとした
 
元々 士農工商という言葉は、3000年前の中国の言葉で
あらゆる職業をさす国民という意味だった

(5)

スポンサード リンク