●気象予報士は江戸時代にも存在していた
未来の天気を予報することは、
古代から朝廷に専門の役職がおかれるなど
権力者が担う重要な役割であると考えられていた
江戸時代には、日和見、日知りという気象予報士のような仕事が、
民間で確立し、人々に大きな影響力を持っていた
 
漁村では明日の天気が分からないと漁ができない
天気を知る人は、村の人の運命を握っていた
 
●200年前、雨女は、妖怪だった
雨の日に現れる堕落した神様の姿だという説もある

(0)

スポンサード リンク
●ニンニクが、がん予防に効果的な食品であることが分かった
アメリカの国立がん研究所が、
がん予防に効果的な食品を調査したところ、
ニンニクに含まれるジアリルトリスフィドなどの成分が、
がん細胞の増殖を抑えてくれることが分かった
さらに発がん性物質を体内から排除する酵素の働きを活性化する効果も期待できる
 
食べる量は、1日ひとかけらが目安
 
有効な成分は、ニオイに含まれているので、無臭ニンニクは効果がない
 
●がん予防のため食材のカビに気をつける
特に輸入されたピーナツやトウモロコシに入ることが多いアフラトキシンは、とても発がん性が強い

(0)

●ガリガリ君ソーダ味の青色は、スピルリナから抽出している
スピルリナとは、タンパク質、ビタミン、ミネラルなど
栄養成分が豊富で健康食品として注目されている藻の一種
 
またクチナシや紅花などの天然素材も使用し、
人工着色料を一切使用していない
 
●ガリガリ君の製造工程
マイナス32℃の型の中で外側だけ凍らせる
その後、凍っていない中のシロップだけを吸い出し、
そこへシャリシャリのかき氷を注入、
棒を差し込んで冷やしている

(2)

●埼玉県本庄市のみで食べられているナピラとは?
 
 
ナピラとは、納豆ピザライスの略
 
作り方はシンプル
ご飯の上に醤油をかけた納豆をのせ、
ベーコンや野菜の具材をトッピングし、ピザソースをかけ、
チーズをのせてピザ風に焼き上げたら完成
 
誕生したのは、40年前
本庄市内の喫茶店で、余った納豆を使って生み出された
余り物で簡単に調理できることが評判を呼び、本庄市内の家庭に広まった
 
ナピラを食べられる店は、本庄市内に30店舗以上

(9)

仕事終わりの挨拶は、「お疲れさまでした」が普通だが、
●埼玉県の秩父では、仕事終わりに「お世話になりました」と言う
朝の挨拶は「お世話になります」
さらに乾杯の時にも「お世話になります」を使う人も
仕事を辞める時は、「長い事お世話になりました」
 
●埼玉県の秩父にホルモン焼き屋が乱立している
秩父には、ホルモン焼き屋が20店舗以上もある
秩父駅周辺では、コンビニよりもホルモン焼き屋の方が多い
秩父人は、ホルモン焼きのために丸い七輪を持っている
 
秩父では元々 養豚場が多く、
新鮮なホルモンを安く仕入れやすかったため広まっていった

(15)

●舞妓と芸妓の違い
舞妓は、芸妓になるための見習いの身
中学卒業してから仕込みとして1年修業し、舞妓デビュー
踊りや三味線など様々な芸事を習得し、
体つきや雰囲気が大人の女性になったと認められると芸妓になることができる
 
15歳から20歳の仕込みと舞妓は、親元を離れ、置屋で共同生活
舞妓が寝泊まりする大部屋は、2段ベッドでぎっしり
日本髪を結ったら1週間 髪が洗えない
寝るときは、日本髪が崩れないように高枕を使って横向きで寝ている
そのイメージにそぐわないコンビニ、ファミレス、映画館、カラオケなどに行くことが禁止されている
 
舞妓は常に着物を着て日本髪を結っているが、
一人前の芸妓は仕事以外の日は服装と髪型は自由
 
芸妓になると置屋を出て一人暮らしすることが許される
また芸妓は、地毛で日本髪を結わずにカツラを使っている
 
●舞妓は踊りを舞うから舞妓、芸妓は三味線などの芸を披露するから芸妓
客前で半人前の舞妓が踊り以外を披露することはない
 
●舞妓や芸妓が、おしろいを塗るワケ
昔は照明がなく暗かった
暗い部屋でも顔がはっきりと見えるようにおしろいを塗っている

(0)

裁判所や検察の創設などに尽力した法の番人:江藤新平
1872年、39歳の時、初代 司法卿(法務大臣)に就任
司法制度の近代化を推進した
1874年、41歳の時、江藤は政府に
不満を募らせる士族の反乱を止めるために佐賀に下った
江藤は、自ら不平士族に接触、彼らの暴発を事前に抑えるべく諭したが、明治政府の見解は、違った
政府に不満を持つ江藤は、佐賀の不平士族と接触後、意見に押し切られ、一派の首謀者に担ぎ出された
その後、江藤は、政府相手に戦争まで始めた
戦争に負け、江藤は佐賀から鹿児島、高知に逃亡
指名手配の写真制度を作った江藤は、指名手配写真に第一号に適用されてしまう
その後、ひと月の逃亡の末、指名手配写真がきっかけで逮捕された
1874年に処刑され、41歳の若さでこの世を去った

(5)

ジョギングの提唱者:ジム・フィックス
1970年代、アメリカで問題視されていた肥満に
効果的であるとジムが出版したジョギングの本がベストセラーに
 
そんなジムは、1984年 52歳の時にジョギング中に亡くなった
いつものようにジョギングをしていると胸が苦しくなり倒れた
死因は、心筋梗塞
 
このニュースは、全米に報じられ、
ジョギングは、体調により、心臓に負担をかけ危険な場合もあると分析された

(6)

19世紀、世界で初めて電話を発明したグラハム・ベル
そんなベルは、電話を発明したのに、電話が嫌いだった
 
妻メイベルによると、晩年のベルの口癖が、
「何で俺は電話なんか発明したんだ」
ベルは、突如鳴る電話によって仕事が中断されることを嫌い、
亡くなるまで書斎に電話を置かなかった
 
電話を嫌った理由は、他にもある
電話の特許を取得したことで、587件も訴えられた
 
●光のビームを使って音や声を伝送するフォトフォン
また1980年代に普及し始めた光通信システムの原理を100年前に発明している

(5)

日本でよく食べられる青魚といえば、イワシ、サンマ、サバ、そしてアジ
サバ、サンマ、イワシの缶詰はあるが、アジの缶詰はない
 
●サバやサンマの缶詰はあるのに、アジの缶詰がないワケ
その理由は、アジは缶詰にすると臭くなるから
 
アジに限らず、サバなどの青魚の脂は、時間が経つと酸素と結びついてヘキサナールという臭いニオイを放つ成分が発生する
 
しかしサバやイワシには、脂と酸素の結びつきを止める抗酸化物質が多く含まれているので臭いニオイを放つヘキサナールが発生しにくくなる
 
そんな中、島根県浜田市にある会社シーライフが、臭くないアジの水煮缶を開発することに成功した
 
サバの水煮缶の製造工程は、カットして缶に詰めて、塩水を入れて、蓋を閉めて加熱するだが、アジの水煮缶は、缶に詰めた後に蒸して脂を捨て、ヘキサナールの発生を防いでいる

(19)

スポンサード リンク