人間の足首は90度なのに靴下の角度が135度になっているワケ

●人間の足首は90度なのに靴下の角度が135度になっているワケ
 
手編みだった時代は、90度だったが、
機械化された以降は、135度に転換した
 
1580年ごろ、イギリスの牧師 ウイリアム・リーが、
妻のために手動の編立機械を開発した
これをきっかけに機械編みが
世界的に普及し、135度になっていった
靴下は、履き口から回転しながら筒状に編む
かかとは、筒状の半分だけを往復で編み、
かかとを編み終えると回転しながらつま先まで筒状に編む
 
より多く生産するためには、かかとが小さく作れる135度が都合がよかったから

(29)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク