「お金 貸します」詐欺の実態

悪徳商法評論家:多田文明によると
「お金 貸します」というDMが、大手銀行や消費者金融、
闇金など 様々なところから送られてくる
中には詐欺グループからのDMも混ざっている
 
電話をすると「住所どこ?」などの個人情報を聞かれる
そして「いくら借りたいんですか?」と額を聞かれる
「20万円 借りたいです」と伝えると「審査します」
すると「審査が通りました。20万円を貸せだせます」
「あなたへ対する信用実績が無いので、うちとの信用実績を作ってくれるために2万円振り込んでください。のちほど22万円 融資します」
 
・結果1:振り込まれない詐欺
22万円が振り込まれなく2万円の振り込み被害で終わるケース
 
・結果2:詐欺のステージアップ
振り込まれないので電話をかけると
「あなたはブラックリストに載っている。信用情報機関にデータ抹消するお金を支払わないと貸し出せません。20万の希望でしたが、データ抹消用のお金を込みで50万円お貸ししますよ」

(98)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク