気象予報士は江戸時代にも存在していた

●気象予報士は江戸時代にも存在していた
未来の天気を予報することは、
古代から朝廷に専門の役職がおかれるなど
権力者が担う重要な役割であると考えられていた
江戸時代には、日和見、日知りという気象予報士のような仕事が、
民間で確立し、人々に大きな影響力を持っていた
 
漁村では明日の天気が分からないと漁ができない
天気を知る人は、村の人の運命を握っていた
 
●200年前、雨女は、妖怪だった
雨の日に現れる堕落した神様の姿だという説もある

(13)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク