真っ暗な部屋だと脳が暴れ出して熟睡できない

睡眠のスペシャリスト:古賀良彦(杏林大学医学部附属病院)によると
●真っ暗な部屋だと脳が暴れ出して熟睡できない
部屋があまりに暗すぎると不安に駆られてイライラする
その結果、熟睡できない状況を引き起こす
熟睡するには、真っ暗な部屋よりも少し明るい部屋で眠る方が、
脳を直接刺激することなく落ち着かせることができる
●熟睡するのには、電球色の間接照明がオススメ
電球色とは、白色に比べて温かみのある落ち着いた色
脳を穏やかにする効果があるという
少量に光を適度に当てられる間接照明で脳を安静な状態に保ってくれる
ブルーライトを含むLEDは、脳に強い刺激を与えるため、
たとえ電球色であっても睡眠には不向き

(102)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク