3億円事件のモンタージュ写真はモンタージュではない

3億円事件を追いかけてきたジャーナリスト:近藤昭二が語る
●今だから話せる3億円事件の真相
1968年12月10日、東芝府中工場のボーナス約3億円が強奪された
ボーナスを運搬していた現金輸送車に白バイ警官に扮した犯人が接近
現金輸送車を停止させ、
「車にダイナマイトが仕掛けられている」
と運転者らを車から遠ざけた
そして現金輸送車の下に発煙筒を焚き、
ダイナマイトだと偽装して車を強奪
当時、犯人のモンタージュ写真も作成され、
警察官延べ17万人、捜査費用9億円を投じた大捜査
事件から44年経った今でも犯人が見つからない戦後最大の未解決事件
1975年12月10日、公訴時効(刑事事件の時効)が成立
1988年12月10日、民事時効が成立
 
●モンタージュ写真はモンタージュではない
目撃者の証言から目や鼻、口などを
合成して作り上げたモンタージュ写真と言われているあの写真
しかし、それはモンタージュではない
それはある実在の人物の顔写真
捜査本部の刑事たちもモンタージュ写真と疑わなかった
警視庁の捜査担当者を取材している時に
近藤昭二氏は捜査資料のファイルに謎の顔写真を発見
捜査担当者が席を立った隙に複写
そこにはモンタージュ写真の人物と同一人物が写っていた
モンタージュ写真そっくりの男の写真は、
何からの事件の被疑者写真だった
近藤昭二氏はその男を全国追いかけ、
3億円事件が起きた府中のそば、調布在住だと突き止めた
モンタージュ写真そっくりの男は、
3億円事件の1年半前に死亡していたことを知る
 
●なぜ3億円事件の前に死亡した男の写真がモンタージュに使われたのか?
モンタージュに使われた理由は事件5日後に自殺した19歳の少年
少年は府中管内の第八方面交通機動隊の幹部の息子
現金輸送車の運転手たちに疑いのある人物の写真を複数見せたところ、
全員が自殺した警察幹部の息子の写真を犯人に似ていると選んだ
モンタージュにされた男と自殺した少年は良く似ていた
警察幹部の息子の写真は使えないので、
そっくりさんをモンタージュと称し使われたいたのだと思われる

(652)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク