無線機能 Bluetoothが、青い歯と名付けられたワケ

Bluetoothとは、無線で音楽データなどを通信する機能
Bluetoothと日本語に訳すと、青い歯
 
●無線機能 Bluetoothが、青い歯と名付けられたワケ
 
由来は、北欧のデンマークとノルウェーを無血統一した王様の名前
10世紀の北欧の王様ハーラル王の異名が「青歯王」
ハーラル王には、神経が死んで青くなった歯があり、
その見た目から青歯王と呼ばれた
 
Bluetoothは、北欧の会社が開発した無線機能なので
ハーラル王のようにいくつもある無線技術を統一したいと Bluetoothと名付けた

(117)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク