オランダの建物は、間口税対策で5度傾いている

●オランダの建物は、間口税対策で5度傾いている
 
昔のオランダの建物は、
間口の大きさで税金を決めていた
入り口をあえて小さくし、
2回以上の窓から滑車を使って荷物を搬入していた
 
搬入時、荷物が壁にぶつかり、
傷がつかないように当時の建築家たちは、建物を5度傾けていた

(81)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク