シャウエッセンは、フォークでさすより、箸で挟んで食べた方が美味しい

1985年に発売されたシャウエッセン
日本で最も売れているソーセージ
本場ドイツのソーセージを徹底的に研究
パリッとジューシーな食感を生んだ
 
日本ハム:黒木貴彰によると
●シャウエッセンは、フォークでさすより、箸で挟んで食べた方が美味しい
シャウエッセンの最大の特徴は、パリッとした食感
パリッとした食感を楽しめるのは、最初で歯で噛んだとき
中に肉汁がパンパンに詰まっているので
フォークでさしてしまうと肉汁が出てしまう
 
●ポトフの切られたシャウエッセンを見ると悲しい
なので切れ目を入れたり、タコさんカットはやめてほしい
 
●シャウエッセンは3分間 ボイルして食べるのがオススメ
フライパンで焼くと熱を均等に入れるのが難しく
焦げたり、皮が破れることがあるのでオススメはしていない

(134)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク