日本で最初にセーラー服を制服として採用したのは、平安女学院

1800年代、水兵の甲板着として誕生したセーラー服
●日本で最初にセーラー服を制服として採用したのは、平安女学院
 
19世紀後半、イギリスのビクトリア女王の息子 エドワード7世が
セーラー服を着た姿が、可愛く世界中で評判となり、子供服として流行
その後、ヨーロッパやアメリカで
女性のオシャレ着としてセーラー服が定着
 
そんなセーラー服を1920年、平安女学院の創始者であるミス・エリーが
アメリカで流行っていたセーラー服を平安女学院に送り、
それをデザインし直し、日本で初めて制服として採用した
 
ちなみにセーラー服の大きな襟は、
騒々しい船の上でも声が聞きとれるよう、
収音効果を高めるために襟を立たせて使っていた

(26)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク