マンションとアパートとハイツの違い

●マンションとアパートとハイツの違い
 
建築家:染谷正弘によると
実は、この呼び名は、法律で定められていない
3つともアメリカから渡ってきた言葉
 
・アパート
1925年(大正14年)文京区に完成した文化アパート
日本初の純洋風の集合住宅
その後、集合住宅の象徴としてアパートが定着
 
・ハイツ
1949年(昭和24年)に新宿に完成した戸山ハイツ
当時、アメリカで高台にある集合住宅をハイツと呼んでいた
 
・マンションとは、英語でプール付きの大邸宅という意味
アメリカでマンションに住んでいると言うと、
すごいお金持ちだねと思われる
昭和30年代、アパートと違う高級なイメージの
集合住宅をマンションと名付けて売り出した
 
そして不動産業界では、
マンションは鉄筋、鉄骨コンクリート造りで3階建て以上
アパートは木造、軽量鉄骨造りで2階建て以下
と暗黙のルールで区別されるようになった

(129)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク