小説「ロビンソン・クルーソー」の正式タイトルは、世界一長い

●小説「ロビンソン・クルーソー」の正式タイトルは、世界一長い
 
その正式タイトルは、The Life and Strange Surprizing Adventures of Robinson Crusoe, of York, Mariner:Who lived Eight and Twenty Years, all alone in an un‐inhabited Island on the Coast of America, near the Mouth of the Great River of Oroonoque;Having been cast on Shore by Shipwreck, wherein all the Men perished but himself. With An Account how he was at last as strangely deliver’d by Pyrates
 
訳すと、自分以外の全員が
犠牲になった難破で岸辺に投げ出され、
アメリカの浜辺、オルーノクという大河の河口近くの無人島で
28年もたった一人で暮らし、最後には奇跡的に
海賊船に助けられたヨーク出身の
船乗りロビンソン・クルーソーの
生涯と不思議で驚きに満ちた冒険についての記述
 
ロビンソン・クルーソーは架空の人物だが、
実際に無人島で生活したスコットランドの
航海長アレキサンダー・セルカークの実話を基にしている

(84)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク